千葉省三記念館

千葉省三は「虎ちゃんの日記」「鷹の巣とり」などの作品で知られ、国語の教科書にも掲載された児童文学作家です。省三は、6歳から21歳までを、この記念館のある鹿沼市の楡木町で過ごしました。彼の「村童もの」と呼ばれる作品には、この楡木地区を舞台にしたものが数多く見られます。 記念館で省三の人柄や時代背景に触れ、作品に親しみ、その舞台を散策してみる、そんな楽しみ方がお勧めの施設です。

施設情報

◆施設名

千葉省三記念館

◆住所

〒322-0526 栃木県鹿沼市楡木町1080 南押原コミュニティセンター隣接

◆TEL

◆FAX

◆WEBサイト

◆営業時間

平日9:00~17:00
土日祝10:00~16:00

◆定休日

年末年始

◆料金

無料
◆その他
■アクセス
電車:
東武日光線楡木駅下車徒歩3分
JR鹿沼駅または東武新鹿沼駅からリーバス利用
JR鹿沼駅からバス25分、東武新鹿沼駅からバス15分

バス:
リーバス南押原線「南押原コミュニティセンター」下車

車:
東北自動車道鹿沼ICまたは北関東自動車道都賀ICからいずれも10分

駐車場:

アクセス

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter