清林寺

高さ16mの釈迦像(アウカナ佛)と牡丹が咲き誇るお寺として知られています。牡丹は、奈良県長谷寺の牡丹の苗木をゆずりうけ境内に700本を植栽したもので4月下旬から5月上旬頃が見頃です。牡丹の種類は約40種で、長谷寺の140種の中の良いものを選んで植栽しています。 花の時期になると、白をはじめ黒と称する紫の濃い色のものまでが一斉に咲き出して、一帯が花の香りに包まれます。 5月5日の子供の日には、お釈迦様の花まつりを執り行います。 高さ16mの釈迦像の前に花御堂を据え、花で飾り、甘茶を掛け、釈尊の誕生を祝って参拝する人達で賑わいます。 また、清林寺にはお釈迦様及び最高の弟子舎利弗、 日蓮両尊者の真骨が来ており、地上に祀ってあるものとしては世界で唯一の所となっています。

施設情報

◆施設名

清林寺

◆住所

〒322-0038 栃木県鹿沼市末広町1170

◆TEL

0289-62-3593

◆FAX

0289-62-8222

◆WEBサイト

◆営業時間

◆定休日

◆料金

◆その他

■アクセス
電車:
東武日光線新鹿沼駅から徒歩20分
JR日光線鹿沼駅から徒歩15分

車:
東北自動車道鹿沼I.Cから15分

バス:
「上田町」下車徒歩3分

駐車場:
有(約15台)

アクセス

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter