医王寺花まつり

日光開山勝道上人により765年に創建され、弘法大師ゆかりの寺「東高野山」を号している医王寺(真言宗)は、広大な境内(3万坪)には金堂・唐門・弘法大師堂・講堂・客殿など、県指定重要文化財が建ち並ぶ中、この時期につつじやボタンが見頃になります。
講堂にある薬師如来座像は、子育ての薬師といわれ、子供の日が近い5月3日に行われます。2年に1度、午前10時頃から、衣装を身に着けた子供たち(20名位)が稚児行列を行います。着飾った子供たちと境内のお花がたいへんきれいです。この行事は、寛文(1662年)頃から行われています。
※稚児行列は、2年に1度の開催となります。

祭り・イベント情報

◆名称

医王寺花まつり

◆会場

〒322-0301 鹿沼市北半田1250 東高野山 医王寺

◆TEL

0289-75-2399

◆FAX

◆WEBサイト

◆開催日

5月3日 10:00 ~ 14:00

◆定休日

◆料金

◆その他

■まめ情報
稚児行列 10:00 ~ 10:30(目安です。)
年1回この日に限り、県指定重要文化財の“唐門”をくぐることができます。
参加料5,000円 3歳から小学6年生位までのお子様
(冠・金襴上衣・袴3点のレンタル料、昼食を含みます。檀家以外の方の参加も歓迎致します。)


■アクセス
電車:
東武日光線東武新鹿沼駅からタクシー15分

車:
東北自動車道鹿沼I.Cから15分
北関東自動車道都賀I.Cから15分

駐車場:
普通車100台

アクセス

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter