新緑と花に囲まれながら子どもと戯れる

【春】新緑と花コース

滞在時間:1日

交通手段:車

時期:春(4月下旬)

千手山公園(ツツジ)

観覧車や遊具を有する高台を利用した公園です。春には桜やツツジ(山ツツジ等)が約1,000本あり、例年4月下旬から5月上旬にかけて見頃になります。園内には、観覧車・おとぎ電車等の乗り物があり、いずれもリーズナブルな料金で楽しめます。

あわの城山公園
(ツツジ)

粟野城の跡地に建てられた公園には約2万株ものツツジが見られる名所として人気です。
例年4月には「あわの城山つつじまつり」が開催され、美しく咲き誇る景観を楽しみに多くの方が訪れます。

花農場あわの
(食事・押し花等体験)

のどかな里山にあり、200種類を越える草花が季節を彩ります。ゆっくりとガーデンを散策を楽しんだり、レストランで食事をしたり、体験教室を楽しむことができます。

清流の郷かすお
(ジェラート)

地元の農産物を名産品を直売する施設です。自慢は手作りののジェラート。ほかにもそばやうどんなども評判です。駐車場を完備し、トイレもあるので、ドライブの休憩も兼ねて立ち寄ってみては。

自然の中に身を置いて「ひんやり」しよう!

【夏】高原と清流コース

滞在時間:1日

交通手段:車

時期:夏(8月)

井戸湿原

標高およそ1300mの横根高原。そのエリア内のハイキングコースでは井戸湿原を見ることができます。ほかにも五段の滝、象の鼻展望台といった名所を巡りながら季節の花々や紅葉、野鳥や虫の声なども楽しむことができます。

象の鼻展望台
(眺望)

横根山、井戸湿原を中心とした周遊コースには四季折々ごとにさまざまな植物が自生し、美しい表情で楽しませてくれますが、像の鼻展望台では、晴れた日に関東平野が一望できます。

ハイランドロッジ
(食事)

前日光県立自然公園に位置する、ログハウス風の簡易宿泊施設です。休憩はもちろん、食事もできるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

下沢観光やな
(岩魚釣り・鮎の掴み取り)

大芦川に作られたヤナでは、川の清らかなせせらぎを聞きながら、炭火でじっくりと焼かれたアユの塩焼が食べられます。イケスにはなした魚のつかみどりや釣堀で捕った魚を焼いて、自然の中で食べる味はまた格別です。

日光珈琲朱雀
(天然かき氷)

「まちの駅 新鹿沼宿」のそばにあるカフェ。「日光珈琲」自慢の自家焙煎コーヒーや手作りの軽食が気軽に楽しめので、休憩にはぴったりの場所。

鮮やかな紅葉に埋もれる幸せ。

【秋】周囲は紅葉コース

滞在時間:1日

交通手段:車

時期:秋(11月上旬)

大芦渓谷・白井平

豊かな自然が残る渓谷で、上流には大滝があります。また、白井平橋には大もみじがあり、紅葉の名所になっています。

大芦渓谷・大滝

美しい景観を誇る渓谷で、上流には大滝があります。白井平橋には大もみじがあり、紅葉の名所として知られています。もちろん春の新緑や冬の雪と氷が織りなす風景もまた見ものです。

古峯園

広大な自然の地形を生かして造られた回遊式の日本庭園です。美しい秋の紅葉はもちろん、3~4月には梅や桜、4~5月には新緑、6~7月には菖蒲や紫陽花と、四季折々の風景で楽しませてくれます。

古峯神社
(食事)

参拝のあとには、園内にある静かな雰囲気で抹茶がいただける茶室や、地元の食材を使用した食事や甘味が堪能できる茶店の利用がおすすめです。

まちの駅新・鹿沼宿
(休憩・買い物)

観光の拠点となる「まちの駅」。地元の名産品や農産物の購入や手土産、食事、トイレも利用できます。ぜひご利用ください。

モノトーンの中で、彩りある景色と美味しさを味わう。

【冬】寺社と冬の味覚と温泉を巡るコース

滞在時間:1日

交通手段:車

時期:冬(1月~2月)

今宮神社
(今宮町)

市民にとっても憩いの場となっています。市の中心部にあるので、まちなか散策の際にはぜひ訪れたい場所のひとつです。

出会いの森いちご園

バリアフリーハウス・トイレ完備のいちご園です。いちご狩りをはじめ、お土産に購入することもできます。品種も栃木自慢の「とちおとめ」「とちひめ(販売のみ)」「とちあいか(販売のみ)」「スカイベリー(販売のみ)」が並びます。

東高野山 医王寺

茅葺きの豪壮な本堂などの堂宇が立ち並ぶ様は圧巻です。寛永年間に伽藍全体が焼失し、建物を信徒の努力で再建されたもので、特に唐門は日光東照宮陽明門の手法を取り入れた繊細な彫刻がも見ものです。

大越路そば

「まちの駅新・鹿沼宿」内にあるそば処。そばの名所としても有名な鹿沼市には、地粉を使ったそばを提供するお店が各地に点在しています。名物「ニラそば」をはじめ、鹿沼が誇るそばをお楽しみください。

蝋梅の里

4,000坪の園内に約5,000株のロウバイのある鹿沼市上永野の「蝋梅の里」(永野小学校の裏側)では、日本最多の4種(満月、素心、基本種、原種)を鑑賞でき、国内で唯一、基本種を観ることができます。

賀蘇山神社
(大杉切株)

賀蘇山神社大杉切株は、明治43年(1910)までは立木の姿で現存しており、当時、目通り14.8m、樹高70m、樹齢1800年といわれ、日本最古と判定された大杉の切株です。

ここもオススメ!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter